検索
  • 清水バレーボールジュニア

静岡県勢32年ぶり3位入賞で大会を終わる


8月7日から8月10日まで神奈川県川崎市のとどろきアリーナなどで開催された第38回全日本バレーボール小学生大会において清水バレーボールジュニア(SVJ)は最終日の決勝トーナメントへ駒を進め、準々決勝では、予選1日目で対戦した埼玉県代表の大井クッキーズと再び対戦し、接戦の末、勝利しました。

 決勝進出をかけた準決勝、滋賀県代表の草津はやぶさと対戦、序盤は優勢に試合を進めましたが、逆転を許し負けてしまいました。

 勝利に喜び笑顔の選手に負けて会場を去る選手から涙ながらに次の試合も頑張ってくださいと言われたことが印象に残っています。

 この大会を通じ、選手たちだけでなく指導者、保護者も様々な経験をさせてもらえました。


0回の閲覧

© 2017 shimizuvolleyballjunior